タイトル

【検証】英単語しりとりはゲーム性を保てるのか?

2020.2.25
-
英単語しりとりアイキャッチ

こんにちは! makkii (@ei_pro_makkii) です!

誰しも一度はやったことがある、言葉の格闘技「しりとり」。

しりとりって、なぜか知らないけど、やると結構面白いですよね!

以前、TVで博識な芸能人たちが真剣勝負のしりとりをやる企画があって、なかなか面白かったのを覚えています。

前の言葉の最後の文字から始まる言葉を言っていき、「ん」で終わる言葉を言ったら負け、という至極シンプルなルールの中に、知識のガチンコ勝負が展開される様は、見る人を引き付けて止みません。

ここで、英単語projectが当然考えるのは、英単語でしりとりをやったらどうなんだろう?ということです。

もし、英単語しりとりが、本家しりとりと同様に楽しいのであれば、英単語しりとりは英単語の暗記に役立つに違いありません!

そこで、英単語を分析することで、英単語しりとりのゲーム性を考察してみました。

英単語しりとりとの出会い

QuizKnockの「限界しりとり」

そもそも、なぜ英単語しりとりについて考えようとしたかというと、QuizKnockがリリースした「限界しりとり」のアプリがきっかけです。

このアプリには英語版もあり、英単語でしりとり(Word chain)をすることができます。

・iPhone
Shiritori -The Word Chain Game - 株式会社baton

・Android
Shiritori - The Word Chain Game -

Google Play で手に入れよう

英単語でしりとりができれば、それはそれは楽しいことは間違いないのですが、英単語しりとりはゲーム性を保てるのかが気になってきます。

というのも、英語は頭文字、終わりの文字に非常に偏りがあり、しりとりが続かない恐れがあるのです。

英単語しりとり界(?)を盛り上がらせるためにも、英単語しりとりの検証が必要になります。

検証方法

検証とはいっても、非常に簡易な方法で行います。

各アルファベットで始まる言葉、終わる言葉の数をそれぞれ数え、その比を計算することで英単語しりとりを考察するやり方です。

用いる語彙のデータ

英語の語彙は「ウィズダム英和辞典第3版(三省堂)」を使用しました(本来ならコーパスとかを使ったほうが良かったですね...)。

語彙数の計算方法

カシオの電子辞書を使って、任意の文字から始まる、またはその文字で終わる語彙の数を算出しました。しかし不便なことに、電子辞書は1000件以上の結果は省略されてしまい、正確な数を得ることができないため、次の手法を採りました。

【~で始まる言葉について】

  • ランダムに開いたページに書かれている言葉の数を数え、それを20回繰り返した平均値を1ページの掲載語彙数とみなす
  • それを使って紙辞書のページ数から語彙数を推計する

【~で終わる言葉について】

  • 電子辞書で二文字の逆引きを行い、語彙数を集計する(例: -aa, -ba, -ca, ...)
  • それでもできない場合は文字数を絞ってさらに細かく集計

※実は、この集計方法には問題点があって、長大語を取り逃してしまう上に、分離複合語(二語である意味を持つ言葉)や古語、しりとりには使えないような固有名詞(Mike など)を含んでしまうなど、結構ガバガバです。今回は比を求めるだけなので、目をつぶってください(汗)

結果

語彙の集計結果

集計した結果は表の通りです。

文字①始まる語彙数②終わる語彙数比 ②÷①
y252871334.58
x4040610.15
e2645120964.57
n166157553.47
k56916552.91
r322962721.94
t415163021.52
d369050361.36
l255234081.34
g249132061.29
z127910.72
s818051320.63
h292116360.56
m335218580.55
o18769360.50
a415116000.39
p467413620.29
c611911840.19
w27985330.19
i22453750.17
u11071510.14
f32904440.13
b41824220.10
v969850.09
q324230.07
j671170.03
合計6826568698-
※合計が一致しないのはガバガバのせい。

アルファベット26文字中10文字で②÷①の値が1を超えました。特に、yとxは突出して高い値になっています。

q,x,y,zはその文字から始まる言葉の数が500語より小さくなっています。また、d,e,g,l,n,r,s,t,yはその文字で終わる言葉の合計が55920語になり、全体の約81%になります。

英単語しりとりの考察

では、この結果から分かることはどんなことがあるでしょうか?

① y攻め・x攻めが必至

特定の文字で終わる言葉ばかりを答えて、相手を詰めていく戦術を○○攻めと言いますが、英単語しりとりではy攻め・x攻めが必至になります。

yの比は約35です。つまり、yから始まる言葉よりもyで終わる言葉の方が圧倒的に多く、y攻めは非常に有利になります(yから始まる言葉一つに対して、35個のyで終わる言葉が対応することになる)。

また、xから始まる言葉はわずか40個しかないため、xで終わる単語を覚えておくだけでx攻めもすることができます。

②しりとりが続かない

○○攻めをしないで、しりとりを続けたい場合でも、しりとりがすぐに終わってしまうかもしれません。

q,x,y,zの4文字から始まる言葉は極端に少ないです。そのため、その文字で終わる言葉(例えば、buzzなど)を言ってしまうと、相手が答えられず、しりとりが終わってしまいます。

すぐに終わってしまっては面白くないですよね。

③ありきたりの文字ばかりになる

順調にしりとりを続けられたとしても、早いうちに飽きてしまう可能性もあります。

終わる語彙数の上位9文字(d,e,g,l,n,r,s,t,y,3000語以上の文字)は総語彙数の8割以上を占めており、英語の語尾は非常に偏っていることが分かります。

つまり、普通にしりとりをすると(d,e,g,l,n,r,s,t,y)の9文字で終わる言葉ばかりになっていき、気の利いたことでも言わない限りは新しい展開になりません。

④文字制限は厳しすぎる

最後に「極限しりとり」形式で英単語しりとりをする場合について考えてみましょう。結論から言うと、やはりしりとりが続かない、ひいては無理ゲーになる可能性が高いと言えます。

先ほどもお伝えしたように、q,x,y,zの4文字から始まる言葉は少ないです。そこに、英単語の文字制限が掛かってしまうと、当てはまる単語が数個単位、もしくは一個もなくなってしまいます。

アプリのレビュー(※)でも誰かが言っていましたが、言葉が少ない文字については制限をゆるくするなどの工夫が必要だと思います。

(※念のため...レビューでは少ないと言及されていますが、Wから始まる言葉は結構たくさんあります。)

結論

英単語しりとりはそのままではつまらない。楽しくやるには何らかの工夫が必要である。

他のアプリでは、二文字をとってしりとりするというシステムを取り入れているものもありました。なかなか面白そうですね!

新しいしりとりシステムの考察や、コーパスを取り入れた本格的な検証は今度、機会があればやってみようと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Recommended

英単語のゲームを公開中!

人気記事

英単語project

英単語projectのトプ画

tw:@eitango_project

こんにちは!英単語に特化した情報をお伝えするWebメディア「英単語project」です。受験英語や資格英語の枠を超え、通常の単語帳が見捨てるような数多くの単語たちに焦点をあてて紹介しています!

記事の間違いやサイトの不具合等を発見されましたら、こちらの連絡先に報告して頂けると幸いです。

⇒英単語projectとは何か?コンセプトの詳細な説明はこちら

⇒著者プロフィールはこちら