タイトル

【語学】英語から広げる第二外国語習得のススメ[必要な準備も解説]

2020.2.17
-
第二外国語習得のススメ

こんにちは! makkii (@ei_pro_makkii) です!

突然ですが、皆さんは今までに英語以外の言語(フランス語・中国語など)を学んでみようとしたことはありますか?

僕は、高校までは全く無いというか、そんなこと考えたこともなく、勉強する気もさらさらないという感じでした。

大学に入ってからフランス語に見事にハマり、今は英語の他にフランス語とスペイン語を勉強するようになりました。

そんな僕が、英語を学んだ人に英語以外の言語も学んではいかが?とおススメするのがこの記事の趣旨です。

ですので、この記事は英語を高校卒業程度学んだ方(TOEIC400点程度で結構です)を対象に書かせて頂きます。

英語を学んだことがない方や初学者の方については、まずは英語を勉強することをお勧めします。英語は世界の言語の中でも、非常に分かりやすく、将来性も影響力も抜群の言語です。遠回りしてしまうことなく、英語から学習を始めるのが良いと思います。

それでは行きましょう!

学ぶべき言語

まず、英語以外の言語を学ぶとしたら、どの言語を選ぶべきなのかを話していきます。

結論から言いますと、フランス語、スペイン語、中国語あたりが良いと思います。

理由は以下の通りです。

  1. 外国語話者のための教材やその言語の実用例が多く、学びやすい!
  2. その言語を身に付けたことで広がる世界が大きい!(有用性がある)
  3. 英語を学んだときの知識が生かせる!(英語との共通性)

1,2 についてはやはり言語が世界的に影響力があり、話者人口が多いところから来ています。

影響力が大きいということは、その言語を学んでいて役に立つことが多いということです。また、話者人口が多いと、それだけ生み出された文化が多くなるので、その言語を使ったコンテンツが多く手に入りやすいということになります。

3 は中国語には当てはまりませんが、中国語の市場の大きさと、将来の影響力、日本の隣国であることを考えると、中国語は学んでおいて損はないでしょう。

英語との共通性

先程の理由の3番、英語を学んだときの知識が生かせる!について少し解説をしましょう。(フランス語とスペイン語についてです)

英語の知識が生かせるというのを具体的に言うと、次のようなポイントがあります。

英語を初めて学んだときと違い、「主語が初めに来て、次に動詞が来て・・・」のように言語の根本からやり直す必要はありません。英語以外の外国語について、「なんか難しそう、、、」という疎遠な印象を持っていたら、それをすぐに捨てるのが良いです。

英語をもとにした外国語学習のイメージは次のような感じです。

  1. 頭のなかに入っている英語の文法の骨格を持ってきて、新言語用にコピーする
  2. その骨格を削ったり、延長したり、新しくつけたりして新言語の文法の骨格をつくる
  3. 新言語の語彙や表現を肉付けする

英語を一から学んだときと比べ、1,2 の行程があるおかげで文法の習得がめちゃくちゃ早く進みます。英語と文法が違うところだけに力を注げば良いのです。

語学のために必要な準備

新しい言語を学ぶには、当然ですが、教材やツールを揃えなくてはなりません。

ここでは僕の経験をもとにして、必要な準備・教材などを簡単に紹介したいと思います。

辞書

語学には必須です。アプリ(便利)でも紙辞書でもなんでも良いので、説明がちゃんとあって新しいのを買いましょう。

参考書

英語にはない、難しい文法がどの言語にもあるので、あった方が良いです。ネットでも色々載ってますが、ネットだと信憑性と網羅性に欠けます。ごちゃごちゃして分からなくなる前に買いましょう。

参考書を買う時のポイントは「基礎項目の分かりやすさ」と「網羅度」です。多分両立するのは難しいと思いますが、分かりやすいけど中身スカスカな本や、硬い文章で書かれていて読解不能な本はやめましょう。自信の読解力のレベルに合わせて参考書のレベルを決めましょう。

教材

参考書を使って独学することも可能ですが、厳しいと思います。なぜなら、語学のスタートアップに必要なのは文法だけではなく、「ネイティブ音声」と「身近な例文・表現のストック」も欠かせないからです。

これらの要望を同時にかなえる教材で、今僕が絶大に支持しているのがDuolingoというアプリです。

・Duolingo(サイト版)
Duolingo - 世界で一番最適な外国語学習法

リスニング、ディクテーション、語順整序、文法問題、リーディング、ライティング、スピーキングが全てこのアプリで行うことができます!もちろん語彙や表現なども同時にたくさん学べます。

言語学習者にとって、音声を使った学習ができないことや、トライアンドエラーが容易でないことは、コミュニケーションの上達のうえで大きな障壁でした。しかし、Duolingoがそれを取っ払ってくれます。

お世辞抜きで、Duolingoは現在あるなかで一番の言語学習アプリです。みなさんもぜひやってみてください。

アプリは無料で使うことができます。

・iPhone
Duolingoで英会話 - リスニングや会話の練習 - Duolingo

・Android
Duolingoで英語学習 - リスニングや会話をゲームのように楽しく学べる言語学習アプリ

Google Play で手に入れよう

メディア(ニュースサイトなど)

簡単な文章が読解できるぐらいの力がついてきたら、実際のニュースなどの文章にチャレンジしてみましょう。実はこれは結構大事なことで、ずっと文法とにらめっこしていても言語のスキルは上がっていかないため、積極的に生きた文章に触れることが必要なのです。

題材はなんでもOKです。自分の興味のある分野の文章を調べて読んでみましょう。中には外国語学習者向けに比較的易しい言葉で書かれたニュースもあるので、ネットで色々探してみるのが良いです。

まとめ

近年では、身の回りにたくさんのツールがあふれ、すっかり語学がやりやすくなりました。

これを機に、語学を初めてみませんか?

最後に、要点を確認しましょう。

お疲れさまでした!

今日の英単語のバー画像

Recommended

英単語のゲームを公開中!

人気記事

英単語project

英単語projectのトプ画

tw:@eitango_project

こんにちは!英単語に特化した情報をお伝えするWebメディア「英単語project」です。受験英語や資格英語の枠を超え、通常の単語帳が見捨てるような数多くの単語たちに焦点をあてて紹介しています!

記事の間違いやサイトの不具合等を発見されましたら、こちらの連絡先に報告して頂けると幸いです。

⇒英単語projectとは何か?コンセプトの詳細な説明はこちら

⇒著者プロフィールはこちら